Menu ▼
男心がわかるトップページ

恋愛に後悔は禁物


過去の恋愛をいくら「後悔」しても、「覆水盆に戻らず」のたとえのように、将来に向けての展望が開けません。

「後悔」は、ネガティブな気持ちだけが増幅されるだけで、そこからは次につながる恋愛のテクニックを会得することはないのです。




ですが、恋愛の「反省」は、未来に対して明るい希望を抱くことができ、これからの恋愛成就のためのテクニックを学んでいくことができます。

たとえば、「今回、彼と別れなければならなかったのは、あの遠距離恋愛で会う機会が少なくなったため、お互いの恋愛感情が冷めてしまったためだわ」とか「お互いに結婚する気持ちがあったのに、どちらからも切り出せずに、そのまま彼の転勤になってしまった」と分析することで、「次に、恋愛したときには、早く手を打とう」などと、明日につながる対策が考えられることです。

でも、「後悔」は何の役にも立ちません。

次の恋愛の肥やしにならないだけでなく、過ぎ去った過去ばかり振り返り、自分を責め続けることで、隠し切れないくらいネガティブなオーラが漂いだし、逆に、これから起きるかもしれない恋愛の足を引っ張る結果になるかもしれません。

あなた自身もつらいかもしれませんが、いつまで過去にこだわっても、ポジティブな気持ちは湧いてこないのです。



「あの時は、遠距離恋愛をやめて、自分から彼の転勤先に押しかけていれば、良かったのに」と嘆く女性もいるかもしれませんが、それは自分も仕事を任されていて、辞めてまで彼についていけなかった理由があるはずです。

ついていかなかった道を選んだのはあなたなのですから、心のどこかについていけないだけの理由が存在したいたはずです。

たとえば、「キャリアとして仕事をしたかった」とか「彼の収入が不安だった」とか「一生彼を頼って良いものかどうか不安だった」など、彼自身への物足りなさだとか、越えられない壁があったはずです。
だから、あなたは見送ったはずですから、何も後悔すべきことはないのです。

それであれば、最初の気持ちのように、仕事しながらでもいっしょに生活を共にできる彼を見つけようと意欲が出てくるのです。

恋愛に後悔は必要ないのです。





恋愛の最終段階での決断方法
結婚を躊躇している男の背中を押そう
キスの求め方で結婚後の彼の性格がイメージできる
失恋したときは、恋愛エネルギーの充電を
同棲は結婚へのファイナルステージ
恋愛に後悔は禁物
彼の心を動かすちょっとしたコツ
○○小町と言われるうちは良かったが・・
彼があなたを好きかどうかは彼の舌の固さで分かる
笑顔は恋愛の最高のスパイス
こんな人相の男とは別れたほうが良い
彼をその気にさせたいのなら
別れの魔術師になろう




男と女の恋愛法則
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
メールテクニックでモテる男・モテる女になろう
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
人相はあなたの心を映す鏡
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚をしよう
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
一瞬で見抜く性格・本性・心理
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
仕事のできる男と仕事のできない男との違い

Copyright (C)2015. 男心がわかる恋愛心理学講座.All rights reserved.