Menu ▼
男心がわかるトップページ

服装が与えるハロー効果で本気であることを思わせる


相手が医者や弁護士、大学教授などであれば、その人が専門外のことを話しても、何か信用できると思わせてしまうことがあるように、その職業を聞いただけで尊敬を集めるような人たちは、そのイメージで他の面まで評価してしまうことがあります。

心理学では、これをハロー効果とか、後背効果、あるいは後光効果などとも呼ばれているようです。



服装が与えるハロー効果を利用して彼の心をひきつける

このハロー効果を利用すると、女性の場合ですと、男性との結婚を本気で考えているなら、きちっとした服装で、メークもゴテゴテせずあっさりしたもので、好きな男性と勝負すれば、男性は自分のことを本気で結婚相手と考えているのだなあと思わせることができます。

下手に着飾るよりはよっぽど好印象を残せるのです。


このハロー効果は、実験結果でも証明されている


このハロー効果はいろいろなところで使われており、顕著な例が有名人やタレントを通じたCMや広告がその商品やサービスを実際に使ったりしたことがないにもかかわらず良いイメージを与えるというものです。

それによって購入意欲を刺激したり、購入したりし、一方、CMに起用されたタレントが不祥事を起こしたりすると、商品自体に何の不満も覚えていなかったにもかかわらず購入意欲が削がれたりもします。

あるいはプレゼンする場合にも、自分が思ったことをそのまま述べても、あまり説得力はないので、そこで同じようなことを言っている権威の発言を探し、そしてその発言を引用しながら、自分の意見を述べると、一気に説得力が増したりします。これもハロー効果です。

服装の効果で言えば、ある実験で、ダークスーツを着て、ネクタイを締めた人物が、赤信号であるにもかかわらず横断歩道を歩き始めたところ、それにつられて多くの人が信号を無視して歩き出したのです。ところが、ジャンパーにジーンズ姿の人物が信号を無視したときには、こうした傾向はみられなかったということです。

スーツ姿や制服姿に、一流企業のバッジを胸につけていたりすると、それだけで「賢そうな人」「仕事のできる人」「社会的地位が高そうな人」「真面目な人」とみなされることがありますが、これも、「ハロー(後光)効果」が働いた結果です。

スーツを着た人の信号無視にまわりが追随したのは、「立派な人がやることだから、自分もやっていいのだ」という気持ちが働いたからです。
スーツをきちっと着ているだけのことで、そうでない人よりも信頼感は確実に上がります。







大好きな彼の気持ちをつかむ方法
彼の心をつかむための4つのポイント
倦怠期を乗り切る方法を活用して彼の心をつかむ
服装が与えるハロー効果で本気であることを思わせる
スムーズな会話は気になる彼と親密になる第一歩
彼との親密度を高めるために、さらに効果的な方法
彼の口癖で、あなたへの親密度や気持ちがわかる




男と女の恋愛法則
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
メールテクニックでモテる男・モテる女になろう
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
人相はあなたの心を映す鏡
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚をしよう
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
一瞬で見抜く性格・本性・心理
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
仕事のできる男と仕事のできない男との違い

Copyright (C)2015. 男心がわかる恋愛心理学講座.All rights reserved.